メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月例経済報告

景気「最長並んだ可能性」 拡大73カ月 政府が見解

 政府は20日、12月の月例経済報告を発表し、国内景気について「緩やかに回復している」との判断を12カ月連続で維持した。茂木敏充経済再生担当相は関係閣僚会議で、2012年12月に始まった今回の景気拡大が73カ月となり、「戦後最長に並んだ可能性が高い」との見解を表明した。

 景気の拡大・後退は正式には内閣府の有識者会合の議論を経て内閣府が判断する。議論に1年程度かかる。戦後最長は02年2月~08年2月で、小泉純一郎政権で金融機関の不良債権処理などが進んだ時期だった。

 今回の景気拡大が始まった12年12月は、第2次安倍政権が発足し、経済政策「アベノミクス」を打ち出し…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです