メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

ゴーン前会長捜査に影響 異例の勾留延長却下

 

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)らの勾留延長を認めなかった20日の東京地裁決定。東京地検特捜部の請求を退ける異例の決定に、検察や日産に大きな波紋が広がった。前会長らが早期に保釈される可能性が高まり、特捜部の捜査方針も変更を迫られるのは必至だ。

流用、立件の壁高く

 「非常識な判断。裁判所は腰が引けているのではないか」。ある検察幹部は驚きと不満を隠さなかった。特捜部は勾留延長決定を見越し、28日にも再逮捕分の金融商品取引法違反でゴーン前会長らを追起訴する方針だった。

 容疑者に証拠隠滅や逃亡の恐れがある場合、裁判官は検察官の請求に基づき勾留を決定できる。期間は10日…

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2148文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです