メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ出場32校出そろう 5校が初出場
記者の目

COP24にみる周回遅れの日本 温暖化抑制へ軌道修正を=五十嵐和大(東京科学環境部)

パリ協定のルールブックを採択し、閉幕したCOP24の全体会合=ポーランド・カトウィツェで15日、五十嵐和大撮影

 また日本が情けなく思えた。16日に閉幕した地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)。温暖化抑制に前向きな各国に対し、消極的ともいえる施策を続ける日本に存在感はない。2019年のCOP25(チリ)を前に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議は温暖化対策もテーマだが、今の日本に議長国として世界をまとめる力があるのか、はなはだ頼りない。

 毎年開かれるCOPの期間中、世界のNGOが参加する「気候行動ネットワーク(CAN)インターナショナ…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2022文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです