メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

COP24にみる周回遅れの日本 温暖化抑制へ軌道修正を=五十嵐和大(東京科学環境部)

パリ協定のルールブックを採択し、閉幕したCOP24の全体会合=ポーランド・カトウィツェで15日、五十嵐和大撮影

 また日本が情けなく思えた。16日に閉幕した地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)。温暖化抑制に前向きな各国に対し、消極的ともいえる施策を続ける日本に存在感はない。2019年のCOP25(チリ)を前に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議は温暖化対策もテーマだが、今の日本に議長国として世界をまとめる力があるのか、はなはだ頼りない。

 毎年開かれるCOPの期間中、世界のNGOが参加する「気候行動ネットワーク(CAN)インターナショナ…

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです