INF条約

機能不全 米露、激化する非難の応酬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 
 

 東西冷戦終結をもたらすきっかけとなった中距離核戦力(INF)全廃条約が崩壊の危機にある。ロシアの条約違反を主張し、条約からの離脱方針を表明したトランプ米政権は今月4日、「60日間の猶予」を与え、来年2月初旬までに違反を正すよう要請。だが、ロシアが応じる気配はない。世界は「軍拡」に向かうのか。【ワシントン会川晴之】

この記事は有料記事です。

残り3313文字(全文3471文字)

あわせて読みたい

ニュース特集