メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

シリア撤収へ IS再台頭の懸念 露・アサド政権、優位

 【カイロ篠田航一】トランプ米政権がシリアからの米軍撤収を決めたことで、2011年から続くシリア内戦で反米の立場だった強権的なアサド政権の優位はさらに確定的となり、後ろ盾のロシアとイランの存在感も増すことになる。一方、過激派組織「イスラム国」(IS)は現在も東部の砂漠地帯などに一定の勢力を維持しており、米軍撤収がISの復活を許せば、再び地域情勢の混迷につながる恐れもある。

 トランプ大統領が米軍撤収を宣言した19日、在英民間組織・シリア人権観測所は、ISがこの2カ月間にシ…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです