メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

戦後初の邦字紙、廃刊へ 「サンパウロ新聞」

社告で廃刊を告知したサンパウロ新聞の20日付紙面=20日、山本太一撮影

 【サンパウロ山本太一】世界最大の日系社会があるブラジルの邦字紙「サンパウロ新聞」は20日、読者減少による経営難のため、廃刊の方針を明らかにした。22日配達の来年1月1日付紙面が最後になる。インターネットサイトでの継続を検討しているという。ブラジルの邦字紙は「ニッケイ新聞」だけになる。

読者減あらがえず

 サンパウロ新聞は1946年に創刊された第二次大戦後初の現地邦字紙で、日本人移住者らの情報源になってきた。77年、優れた文化活動に贈られる菊池寛賞を受賞した。週5日発行してきた。だ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  5. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです