メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工訴訟

遺族ら1103人、韓国政府を提訴 「日韓協定賠償、返還を」

 【ソウル堀山明子】日本の植民地時代に日本企業で働かされた韓国人元徴用工の遺族ら1103人が20日、韓国政府を相手に、1人当たり1億ウォン(約1000万円)の計1103億ウォンを求める損害賠償訴訟をソウル地裁に起こした。「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」の呼びかけに応じた第4次訴訟で、過去最大規模。

 原告団の弁護士は記者会見で「1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づく資金で、遺族らが受けるべき賠償を韓国政府が得たなら返還してほしい」と述べた。原告は証拠資料が不足するなどして、盧武鉉(ノムヒョン)政権が2005年に決定した追加支援を受けられなかったという。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです