メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サラリーマン川柳

平成回顧 リポート発表

 

 ◆バブル期

頑張れよ 無理をするなよ 休むなよ

 ◆現在

ノー残業 言われなくても 帰る部下

 第一生命保険は20日、平成30年間の「サラリーマン川柳」(サラ川)を振り返るリポートを発表した。バブル期から働き方改革が叫ばれる現在まで、サラ川を通じて世相の移り変わりを描いている。

 1987(昭和62)年から毎年募集してきたサラ川の2017年までの累計応募数は、114万7878句。今回のリポートでは「生活」と「職場」をキーワードに、日本経済の歩みを優秀作から読み解いた。

 バブル景気終盤の90年ごろは暴騰する不動産を横目にため息をつく「一戸建 手が出る土地は 熊も出る」…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです