メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サラリーマン川柳

平成回顧 リポート発表

 

 ◆バブル期

頑張れよ 無理をするなよ 休むなよ

 ◆現在

ノー残業 言われなくても 帰る部下

 第一生命保険は20日、平成30年間の「サラリーマン川柳」(サラ川)を振り返るリポートを発表した。バブル期から働き方改革が叫ばれる現在まで、サラ川を通じて世相の移り変わりを描いている。

 1987(昭和62)年から毎年募集してきたサラ川の2017年までの累計応募数は、114万7878句。今回のリポートでは「生活」と「職場」をキーワードに、日本経済の歩みを優秀作から読み解いた。

 バブル景気終盤の90年ごろは暴騰する不動産を横目にため息をつく「一戸建 手が出る土地は 熊も出る」(90年)といった句や、「頑張れよ 無理をするなよ 休むなよ」(92年)など長時間労働を風刺した句が目立った。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです