メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

樋口一葉

「たけくらべ」自筆原稿出品 明治の輝き、鮮やか

オークションに出される樋口一葉の「たけくらべ」自筆完全原稿=東京都江東区で4日、梅村直承撮影

 24歳で早世した明治の作家、樋口一葉の代表作「たけくらべ」の自筆原稿がオークションに出品される。百二十余年前のものとは思えない鮮やかさで、近代文学の黎明(れいめい)期を飾った作品の魅力を伝えている。

 冒頭、美しい題字が目を引く。<廻(まわ)れば大門の見返り柳いと長けれど>との書き出しもはっきりと読み取れる。書き込まれたルビの赤字が白地の原稿用紙にはえている。

 亡くなった1896年に書き上げたもの。没後は長く所在不明で、「戦争で焼けた」との見方もあった。だが…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです