メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第5部 未来へ/5 食品ロス削減、意識改革から

フードバンクかながわに個人から寄贈された食品=横浜市金沢区で2018年11月26日、矢澤秀範撮影

 ●フードバンク普及

 店舗跡地を活用した横浜市金沢区の倉庫兼事務所に、さまざまな食品が積み上げられている。米や水、缶詰、菓子、調味料……。「フードバンクかながわ」のスタッフが棚やカートに整然と並べていく。企業や個人から寄贈されたこれらの食品は支援が必要な貧困世帯に無償で提供される。「独り暮らしの高齢者が持て余した贈答品を送ってくることも」と、藤田誠事務局長が説明する。

 食品の多くは、さまざまな理由で販売困難となったもの。常温で保存でき、賞味期限が残り2カ月以上のもの…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです