メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

クラブW杯 鹿島、レアルに完敗 決勝進出ならず

3失点「全てが速い」

 【アブダビ(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)は19日、アラブ首長国連邦のアブダビで準決勝が行われ、J1鹿島はレアル・マドリード(スペイン)に1-3で敗れた。

 開始30分で、鹿島の安部は気づいた。いつもより自分の息は上がっているのに、Rマドリードの選手たちは涼しい顔のまま。「パススピードも展開も全部速い。自分たちと明らかに違う」。世界的ビッグクラブのすごみを痛感させられた。

 ボールを奪いにいけばかわされ、引けばゴール前に進入を許す。対処法が見つからないまま、後半10分まで…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです