メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人受け入れ

「共生」自治体腐心 課題も 多言語で相談窓口→人材の確保/避難標識、英語併記→必要情報は

浜松市多文化共生センターで女性の相談に応じる大嶋さん=浜松市中区で15日午後2時28分、松岡大地撮影

 外国人との「共生社会」の実現に向けた対応策の最終案が20日、取りまとめられた。日本各地で暮らす外国人を「地域社会の重要な構成員」と明記し、地方でも外国人が安心して暮らせることを目標にしている。外国人の生活相談はどうなるか、必要な情報は得られるか。先行例からは、課題も見えてくる。【松岡大地、三瓶杜萌】

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです