メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人受け入れ

「共生」自治体腐心 課題も 多言語で相談窓口→人材の確保/避難標識、英語併記→必要情報は

浜松市多文化共生センターで女性の相談に応じる大嶋さん=浜松市中区で15日午後2時28分、松岡大地撮影

 外国人との「共生社会」の実現に向けた対応策の最終案が20日、取りまとめられた。日本各地で暮らす外国人を「地域社会の重要な構成員」と明記し、地方でも外国人が安心して暮らせることを目標にしている。外国人の生活相談はどうなるか、必要な情報は得られるか。先行例からは、課題も見えてくる。【松岡大地、三瓶杜萌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです