メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人受け入れ

「共生」自治体腐心 課題も 多言語で相談窓口→人材の確保/避難標識、英語併記→必要情報は

浜松市多文化共生センターで女性の相談に応じる大嶋さん=浜松市中区で15日午後2時28分、松岡大地撮影

 外国人との「共生社会」の実現に向けた対応策の最終案が20日、取りまとめられた。日本各地で暮らす外国人を「地域社会の重要な構成員」と明記し、地方でも外国人が安心して暮らせることを目標にしている。外国人の生活相談はどうなるか、必要な情報は得られるか。先行例からは、課題も見えてくる。【松岡大地、三瓶杜萌】

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです