メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/3 稀有な沖縄の理解者 沖縄在住の芥川賞作家・大城立裕さん(93)

大城立裕さん

 --大城さんは、天皇陛下が皇太子時代に初めて沖縄県を訪問された1975年から交流が続いています。

 ◆滞在先ホテルの一室に招かれ、沖縄国際海洋博覧会に出席する陛下と懇談しました。県の史料編集所長だった私は、海洋文化などを紹介する「沖縄館」に携わっていました。

 --陛下の印象は。

 ◆たいへんな沖縄通だと感じました。「15世紀といえば尚真王(しょうしんおう)の時代ですね」と琉球国王の名がすらすらと出てくる。海洋博の開会式のあいさつは、古来の信仰「ニライカナイ(海のかなたの桃源郷)」に触れられました。

 --沖縄戦などを背景に、訪問を歓迎しない県民もいました。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです