将棋

竜王戦七番勝負 最終局 羽生「大一番」きょう決着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦、3勝3敗のタイで迎えた将棋の第31期竜王戦七番勝負第7局は20日、山口県下関市で始まり、広瀬が71手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は広瀬3時間53分、羽生3時間25分。2日目の21日は午前9時に再開され、同日中に決着する。

 最終局は改めて振り駒が行われて広瀬が先…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集