メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サラリーマン川柳

平成詠んだ句振り返る バブルに浮かれて働き方悲哀

 第一生命保険は20日、平成30年間の「サラリーマン川柳」(サラ川)を振り返るリポートを発表した。好景気の熱に浮かされ、がむしゃらに働いたバブル期から、働き方改革が叫ばれる現在まで、世相の移り変わりを描いている。

 1987(昭和62)年から毎年募集してきたサラ川の2017年までの累計応募数は、114万7878句。今回のリポートでは「生活」と「職場」をキーワードに、日本経済の歩みを優秀作から読み解いた。

 バブル景気終盤の90年ごろは、暴騰する不動産を横目に「一戸建 手が出る土地は 熊も出る」(90年)といった句や、「頑張れよ 無理をするなよ 休むなよ」(92年)など長時間労働を風刺した句が目立った。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです