新型炉の技術開発に6.5億円 震災後初 19年度予算案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 経済産業省資源エネルギー庁は、新型炉の技術開発費を民間の原子炉メーカーなどに補助する事業費として6億5000万円を2019年度当初予算案に計上した。東京電力福島第1原発事故以降、政府が新型炉の開発に向けた費用を予算化するのは初めて。

 政府は今年7月に改定した「エネルギー基本計画」で、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」を踏まえた50年ま…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集