メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フルマラソン「空白県」福井、市民ランナーが熱視線 独自にコース「試走」も

 ブームとなっているフルマラソンの開催で福井県の自治体が出遅れている。市民参加型の大会は、特に東京マラソンが開かれた2007年から新設が相次ぎ、現在は45都道府県で実施。空白県は三重と福井だけになった。三重では20年度の開催が決まっており、市民ランナーの熱い視線が最後に残る福井県に注がれている。【塚本恒】

 フルマラソンの新設が相次ぐ背景には、市民ランナーの急増がある。笹川スポーツ財団(東京)の推計による…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1196文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです