メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フルマラソン「空白県」福井、市民ランナーが熱視線 独自にコース「試走」も

 ブームとなっているフルマラソンの開催で福井県の自治体が出遅れている。市民参加型の大会は、特に東京マラソンが開かれた2007年から新設が相次ぎ、現在は45都道府県で実施。空白県は三重と福井だけになった。三重では20年度の開催が決まっており、市民ランナーの熱い視線が最後に残る福井県に注がれている。【塚本恒】

 フルマラソンの新設が相次ぐ背景には、市民ランナーの急増がある。笹川スポーツ財団(東京)の推計による…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです