メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校長や担任の女性教師ら6人を書類送検 福岡・小4児童ゴール下敷き死

 福岡県大川市の市立川口小で昨年1月に4年生の男子児童(当時10歳)が体育の授業中に転倒した小型ゴールの下敷きになって死亡した事故で、福岡県警は21日、必要な安全対策や点検を怠ったとして、男性校長(59)や担任の女性教師(31)ら6人を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。

 書類送検されたのは他に教頭や用具の安全点検担当の教師ら。いずれも容疑を認めているという。

 送検容疑は、運動場のゴール(幅約3メートル、高さ約2メートル、重さ68キロ)をくいで地面に固定する…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです