メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ハンセン病で差別被害」 初の集団訴訟が結審 19年5月31日判決 熊本

裁判が結審し、記者会見する黄光男さん(中央)=熊本市中央区で2018年12月21日午後4時56分、津村豊和撮影

 国のハンセン病患者隔離政策で差別被害を受けたとして、元患者の家族ら561人が国に1人当たり500万円の損害賠償などを求めた初の集団訴訟が21日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)で結審した。隔離政策を違憲とした2001年の同地裁判決後、国は元患者への救済を進めてきたが、家族は対象外で来年5月31日の判決が注目される。

 「『親がハンセン病だったので大変な目に遭った』なんて本当は誰も言いたくない。しかし頑張ってそこを伝…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1092文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです