がん光免疫療法 「楽天アスピリアン」にSBIが出資 総額315億円調達

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
がん光治療治験の仕組み
がん光治療治験の仕組み

 近赤外光を使ってがんを治療する「光免疫療法」の開発に取り組む米製薬ベンチャー「楽天アスピリアン」(三木谷浩史会長)は20日、新たに1億3400万ドル(約150億円)の資金を調達したと発表した。三木谷会長が経営する楽天のほか、インターネット金融などを運営するSBIグループが主に出資した。

 今年夏までの調達と合わせ、総額2億8400万ドル(約315億円)を調達したことになる。この資金をもとに、現在実施している治験を通じて光免疫療法の事業化を目…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集