メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「アパマン」が現場近くに相談窓口 札幌爆発事故

アパマンショップリーシング北海道が設置した爆発事故の対応窓口=札幌市豊平区で2018年12月21日午後2時24分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区のビルで16日に起きた爆発事故を受け、火元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」は20日、現場近くに相談窓口を設けた。20日だけで94件の電話相談が寄せられたという。

 同社によると、事故によるけがの治療費や、けがをした場合の休業を補償するほか、住宅や車の被害、避難中の仮住まいの費用…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです