メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アパマン」が現場近くに相談窓口 札幌爆発事故

アパマンショップリーシング北海道が設置した爆発事故の対応窓口=札幌市豊平区で2018年12月21日午後2時24分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区のビルで16日に起きた爆発事故を受け、火元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」は20日、現場近くに相談窓口を設けた。20日だけで94件の電話相談が寄せられたという。

 同社によると、事故によるけがの治療費や、けがをした場合の休業を補償するほか、住宅や車の被害、避難中の仮住まいの費用…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです