「アパマン」が現場近くに相談窓口 札幌爆発事故

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アパマンショップリーシング北海道が設置した爆発事故の対応窓口=札幌市豊平区で2018年12月21日午後2時24分、貝塚太一撮影
アパマンショップリーシング北海道が設置した爆発事故の対応窓口=札幌市豊平区で2018年12月21日午後2時24分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区のビルで16日に起きた爆発事故を受け、火元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」は20日、現場近くに相談窓口を設けた。20日だけで94件の電話相談が寄せられたという。

 同社によると、事故によるけがの治療費や、けがをした場合の休業を補償するほか、住宅や車の被害、避難中の仮住まいの費用…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集