メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(11)有馬記念 疲れ吹き飛ばせ キセキ

2017年の有馬記念を制したキタサンブラック=JRA提供

 いよいよ平成最後のグランプリが幕を開けます。デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が予想するG1シリーズ第11戦は、1年を締めくくる有馬記念(中山2500メートル、23日午後3時25分発走)。このレースで引退するサトノダイヤモンドが輝きを取り戻すのか。障害レース最強馬オジュウチョウサンが芝でも最強馬になるのか。それとも--。毎日新聞の競馬担当、松沢一憲記者の解説を交えながら“ウマ女”記者が競馬の楽しさをお届けします。

 今年の漢字に、「災」が選ばれた。宝塚記念の直前に大阪北部地震が起きるなど、災害の多い1年だった。「…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2416文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです