メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝沢秀明

「タッキー」最後のドラマ WOWOWプライム「孤高のメス」 ターニングポイントは大河ドラマ「義経」

 「タッキー」こと俳優で歌手の滝沢秀明(36)が、年内で芸能活動を引退し、今後は所属するジャニーズ事務所でプロデュース業などを手がける。俳優として最後の仕事となった主演ドラマ「孤高のメス」(WOWOWプライム、1月13日から日曜午後10時)について話を聞いた。【井上知大】

 原作は、現役の医師で、現在は兵庫県淡路島の診療所で地域医療に取り組んでいる大鐘稔彦の「孤高のメス」シリーズ。大鐘自身の体験を基にしたフィクションで、2010年には映画化されている。滝沢にとって初の医師役で「今の自分の年齢でないと演じられない役。そういう年になったのだなと実感している」とし、「改めて命と向き合う仕事の大変さを感じた」と語った。

 ドラマの舞台は、まだ臓器移植の法制化が進んでいない1989年の日本。滝沢が演じる主人公、当麻鉄彦は…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです