メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済立法と切り離しを 札幌・小島さん「特別法、必要不可欠」 地裁口頭弁論 /北海道

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第2回口頭弁論が21日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。与野党の国会議員が救済法案の立法作業を進めるが、国は棄却を求める姿勢を崩しておらず、原告側も救済対象が限定的と見て立法と切り離して進めるよう求めた。

 原告側はこの日、「差別されてきた被害者や家族が法廷で自らの被害を語り、回復を求めることは困難だった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです