メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和学習会

原爆に怒り悲しむ米国人がいた シュモー氏学ぶ 鳥取大付小 /鳥取

シュモー氏の活動から、平和の築き方について考える児童ら=鳥取市湖山町南4の鳥取大付小で、谷田朋美撮影

 広島に戦後住宅を建て、被爆者の支援に尽力した米国人平和運動家、フロイド・シュモー氏(1895~2001)について学ぶ平和学習会が、鳥取市湖山町南4の鳥取大付属小であった。5年生63人が平和について考えた。

 シュモー氏は母国が原爆を投下したことに「罪を償いたい」と寄付を募って1949年に来日した。家を失った被爆者のために住宅など21戸を建設した。学習会は、同大学…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです