メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国艦

海自機に照射 能登半島沖、日本が抗議

 防衛省は21日、海上自衛隊のP1哨戒機が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖の排他的経済水域内の上空で、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けたと発表した。韓国軍からのレーダー照射が公表されたのは初めて。岩屋毅防衛相は「攻撃直前の動きだ。不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、韓国に強く抗議したことを明らかにした。元徴用工を巡る訴訟問題などを抱える日韓関係の悪化に拍車がかかりそうだ。

 韓国国防省は「正常な作戦活動の中でレーダーを使ったが、日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はな…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです