メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ21世紀枠は帯広農、磐城、平田の3校
余録

アルパゴンは仏劇作家モリエールの喜劇「守銭奴」の…

[PR]

 アルパゴンは仏劇作家モリエールの喜劇「守銭奴(しゅせんど)」の主人公である。「この連中は他にいうことがないと見える。お金、お金、お金……何かにつけて金のことばかり。お金! これが奴(やつ)らの守り刀というわけか」▲このせりふは誰かがアルパゴンを非難した言葉ではない。代金支払いを求めた相手にアルパゴンが浴びせた罵言である。相手を守銭奴呼ばわりして金の支払いを免れようというアルパゴン、出すのは舌もいやだという筋金入りである▲さて、こちらは自分の投資の失敗で生じた巨額損失を日産につけ替えたという容疑で再逮捕されたゴーン容疑者である。その金額たるや約18億5000万円、容疑の通りならばアルパゴンも恐れ入るに違いない支払いつけ回しである▲ゴーン容疑者は「つけ替えは実行していない」と説明したというが、東京地検特捜部はその後16億円以上の入金を受けていたと見ている。事件は有価証券報告書への報酬の過少記載から一転、会社に与えた実質的な損害が焦点となる▲長期勾留や弁護士抜きの取り調べが海外で日本の司法制度への批判を呼び起こしたこの事件である。裁判所が勾留延長を認めず、保釈が取りざたされた中での再逮捕がいっそうの注目を集めるのは必至で、地検は切り札を切った形だ▲米欧で一般的な司法取引が導入され、一方で自白偏重の「人質司法」に批判が高まる日本の刑事司法だ。グローバル時代の「司法摩擦」にどう応えていくのか、目を離せぬ地検の「切り札」捜査である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

    3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです