メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マティス米国防長官

「抗議」の辞表 シリア撤収、大統領と対立

トランプ大統領とマティス国防長官の主な主張の対立

 【ワシントン高本耕太】マティス米国防長官が20日、トランプ大統領に辞表を提出、来年2月末の退任が決まった。辞表の中で同盟国防衛や国際秩序への米国の責任を強調。軍部の反対を押し切りシリアからの米軍撤収を発表したトランプ氏への「抗議の辞任」であるのは明らかだ。米国第一主義にひた走るトランプ政権内で、日本などとの同盟重視や国際協調を唱える現実路線の「最後のとりで」とされたマティス氏の退場により、政策の柔軟性がさらに失われることになる。(9面に要旨)

 トランプ氏は前日の19日、シリアにおいて過激派組織「イスラム国」(IS)打倒を成し遂げたとして、駐…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1868文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです