メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アフガニスタン

和平、難航も 「米軍削減」 タリバン強気崩さず

街頭で警備にあたる駐留米軍兵士=アフガニスタン西部ファラーフで5月、ロイター

 【ニューデリー松井聡】旧支配勢力タリバンの攻勢が続くアフガニスタンで、トランプ米政権は7月以降、駐留部隊の早期撤退を実現するため、和平の道筋を付けようとタリバンとの直接会談を行ってきた。だが米メディアが報じたように、その道筋がつかないままトランプ政権が駐留米軍の半数規模を撤収させた場合、逆にタリバンへの「圧力」を失わせ、米側の思惑通りに交渉が進まなくなる懸念がある。

 「焦っているのは米国だ。要求が通らなければ戦い続ける」。タリバン関係者は取材に強気の姿勢を見せた。…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです