メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

和平、難航も 「米軍削減」 タリバン強気崩さず

街頭で警備にあたる駐留米軍兵士=アフガニスタン西部ファラーフで5月、ロイター

 【ニューデリー松井聡】旧支配勢力タリバンの攻勢が続くアフガニスタンで、トランプ米政権は7月以降、駐留部隊の早期撤退を実現するため、和平の道筋を付けようとタリバンとの直接会談を行ってきた。だが米メディアが報じたように、その道筋がつかないままトランプ政権が駐留米軍の半数規模を撤収させた場合、逆にタリバンへの「圧力」を失わせ、米側の思惑通りに交渉が進まなくなる懸念がある。

 「焦っているのは米国だ。要求が通らなければ戦い続ける」。タリバン関係者は取材に強気の姿勢を見せた。タリバンは駐留外国部隊の完全撤退や捕虜の釈放を要求し、米国が求めるアフガン政府との和平協議を拒否している。タリバンはアフガン国軍の弱体化を背景に国土の半分近くを支配しているとされ、強気の姿勢の背景になっている。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです