18年度第2次補正予算案

追加歳出3兆円 閣議決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は21日、2018年度第2次補正予算案を閣議決定した。河川や道路の防災対策といった公共事業が柱で、追加歳出は3兆351億円。歳入には税収の上振れ分約8500億円や前年度の使い残し約7100億円を充てる。

 建設国債を約1兆3000億円追加発行する一方、赤字国債は当初計画から3000億円発行を減ら…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

注目の特集