メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

先は長い米中貿易摩擦=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 最近、米国と中国に出張し、貿易戦争に関する見解を識者に聞いてまわってみた。

 米ロサンゼルス港周辺では倉庫が満杯に近い状態になっているという。中国製部品への関税が引き上げられる前の駆け込み輸入が増加したためだ。12月1日のトランプ大統領と習近平国家主席の会談で関税は90日間据え置きとなったが、先行きは不透明である。

 会談後に中国は妥協案をいくつか示した。中国文化はメンツを重んじるだけに、彼らとしては努力姿勢を示したつもりらしいのだが、米政権幹部は評価を表明していない。米国の貿易コンサルタントや政治アナリストらが共通して指摘していたのは、米中貿易戦争は簡単には終わりそうにないという点である。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです