メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

入試不正 論文根拠に正当化 「女子にコミュ力」引用は誤解 米執筆者、順大の主張否定

医学部入試不正で釈明する順天堂大学の新井一学長(右)と代田浩之医学部長=東京都文京区で2018年12月10日、長谷川直亮撮影

 <access>

 米国の心理学論文を根拠に「女子のコミュニケーション能力が高い」と女性差別を正当化していた順天堂大医学部の入試不正で、肝心の論文執筆者が20日、順大の主張を否定するコメントを発表した。「学問の府」の質が問われる事態だが、論文はどんな内容で、引用の何が問題なのか。【宇多川はるか】

 順大入試の過去6年間の平均合格率は男子9・2%、女子5・5%と、全国の医学部で格差が最大だった。

 順大が根拠とした論文は心理学者でテキサス大教授のL・D・コーン氏が1991年に発表した「自我発達の…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです