メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/4止 国内外から敬愛集め 元外相・高村正彦さん(76)

高村正彦さん=東京・永田町で2018年12月7日、内藤絵美撮影

 --高村さんは、2002年のポーランド、ハンガリー、チェコ、オーストリアの中東欧4カ国と、16年のフィリピンの国際親善訪問に首席随員として同行しました。

 ◆天皇陛下は行く先々で市民に囲まれ、歓迎されました。中東欧4カ国もフィリピンも暑さが続きましたが、にこやかに接しておられた。市民や政府要人、誰に対しても真剣に応対する姿が強く印象に残ります。

 --熱狂的な歓迎の要因は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです