連載

象徴として

国民と苦楽を共にする陛下の「平成流」を支え続けた歩みをたどる。

連載一覧

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/4止 国内外から敬愛集め 元外相・高村正彦さん(76)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高村正彦さん=東京・永田町で2018年12月7日、内藤絵美撮影
高村正彦さん=東京・永田町で2018年12月7日、内藤絵美撮影

 --高村さんは、2002年のポーランド、ハンガリー、チェコ、オーストリアの中東欧4カ国と、16年のフィリピンの国際親善訪問に首席随員として同行しました。

 ◆天皇陛下は行く先々で市民に囲まれ、歓迎されました。中東欧4カ国もフィリピンも暑さが続きましたが、にこやかに接しておられた。市民や政府要人、誰に対しても真剣に応対する姿が強く印象に残ります。

 --熱狂的な歓迎の要因は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1152文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集