メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/4止 国内外から敬愛集め 元外相・高村正彦さん(76)

高村正彦さん=東京・永田町で2018年12月7日、内藤絵美撮影

 --高村さんは、2002年のポーランド、ハンガリー、チェコ、オーストリアの中東欧4カ国と、16年のフィリピンの国際親善訪問に首席随員として同行しました。

 ◆天皇陛下は行く先々で市民に囲まれ、歓迎されました。中東欧4カ国もフィリピンも暑さが続きましたが、にこやかに接しておられた。市民や政府要人、誰に対しても真剣に応対する姿が強く印象に残ります。

 --熱狂的な歓迎の要因は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです