メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/4止 国内外から敬愛集め 元外相・高村正彦さん(76)

高村正彦さん=東京・永田町で2018年12月7日、内藤絵美撮影

 --高村さんは、2002年のポーランド、ハンガリー、チェコ、オーストリアの中東欧4カ国と、16年のフィリピンの国際親善訪問に首席随員として同行しました。

 ◆天皇陛下は行く先々で市民に囲まれ、歓迎されました。中東欧4カ国もフィリピンも暑さが続きましたが、にこやかに接しておられた。市民や政府要人、誰に対しても真剣に応対する姿が強く印象に残ります。

 --熱狂的な歓迎の要因は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです