メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 認知症、介護する側される側… 小説でみつめる「老い」 誰もが関わりうる世界

 日本社会の高齢化が進む中、小説の世界でも「老い」を意識した作品が続々と刊行・発表されている。この1年は特に、介護や認知症、世代間のすれ違いといった、誰もが将来関わりうるテーマに焦点を当てた小説が目立った。

 今年1月に芥川賞に選ばれた若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)では、夫を亡くした高齢女性の心情が、東北の方言を用いた独特の文体でつづられ話題になった。老いに注目が集まる昨今を象徴する芥川賞受賞作だ。

 介護がテーマになる小説は特にこの十数年で珍しくはなくなったが、作家の身辺を反映して、よりリアリティ…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです