メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

己と向きあう ラケットは大事な「戦友」=バドミントン・奥原希望

 けがなく1年間を過ごせて、(シーズンの)後半は久しぶりに世界のトップと渡り合える手応えを感じています。11月からはラケットを変更し、福州中国オープン準優勝、香港オープン優勝と結果も残せました。今回はスポーツメーカー・ミズノ製の新ラケット「アルティウス・ツアーJ」を紹介します。

 私はミズノと2015年10月からブランドアンバサダー契約を結び、ラケット開発に協力しています。代表選手の大半は他の大手メーカーのラケットを使っていますが、私だけはミズノ製です。サポートする対象選手が多いメーカーより、自分一人だけを大事に見てもらえる環境を優先したほか、ミズノの「一緒に良い物を作りたい」という気持ちに共感して契約しました。

 ラケットに最も求めている要素が「キャッチ感」です。守りに回ることが多いため、相手の強打に対し、ギリ…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです