将棋

竜王戦七番勝負 最終局 羽生、27年ぶり無冠 平成の王者、100期届かず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
27年ぶりに無冠となり、考え込む羽生善治竜王=山口県下関市で2018年12月21日午後6時57分、上入来尚撮影
27年ぶりに無冠となり、考え込む羽生善治竜王=山口県下関市で2018年12月21日午後6時57分、上入来尚撮影

 将棋の第31期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)第7局は20日から山口県下関市で行われ、21日午後6時49分、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に167手で勝ち、通算4勝3敗で初の竜王を獲得した。羽生は前人未到のタイトル獲得通算100期はならず、27年ぶりに無冠になった。広瀬は2010年に王位を獲得して以来、2期目のタイトルを獲得した。【山村英樹】

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1512文字)

あわせて読みたい

注目の特集