メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

サウジで皇太子就任後、死刑倍増 英人権団体が調査

ムハンマド皇太子=AP

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアの実質的な最高実力者ムハンマド皇太子(33)が2017年6月に皇太子に就任して以降の8カ月間で、国内での死刑執行数が133人に上り、就任前の8カ月間の67人に比べほぼ倍増した可能性があることが英国の人権団体「リプリーブ」の調査で判明した。反政府活動も死刑の理由とされるが厳重な報道規制が敷かれるサウジでは死刑の詳細は伝わりにくい。

 皇太子は、自身に批判的だったサウジ人著名記者ジャマル・カショギ氏殺害事件への関与も取りざたされてお…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文759文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです