メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民族、性別、障害…「包括的に差別禁止」 国立市が人権条例可決

「人権を尊重し多様性を認め合う平和なまちづくり基本条例」を可決した東京都国立市議会の本会議=2018年12月21日、黒川将光撮影

 さまざまな差別を包括的に禁止する人権条例が21日、東京都国立市議会で全会一致で可決された。来年4月1日から施行予定。同様の条例は川崎市や堺市にあるが、同市によると「包括的に差別を禁止する条例は都内の自治体では初でないか」としている。

 この条例の名称は「国立市人権を尊重し多様性を認め合う平和なまちづくり基本条例」で、2000年に行われた同市の「平和都市宣言」での人権と平和の尊重を基礎に「何人も、人種、民族、国籍、性別、性自認、障害、職業、被差別部落出身などを理由に差別を行ってはならない」と明記して「いかなる暴力も行ってはならない」としている。また、市長の使命や市民の責務に加えて、事業者に対しても「不当な差別の解消に努めるものとする」と努力義務を課している。

 条例には罰則規定は設けられていないが、差別解消を推進するため、市長の付属機関として「人権・平和のま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです