メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高崎山のサル、選抜総選挙スタート 人気・イケメン・キャラクター3部門

前回の人気ザル部門で1位に輝いたピコ=高崎山自然動物園提供

 野生ザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園で、22日午前10時から恒例のサルの選抜総選挙が始まる。今年度は雌ザルの「人気ザル」、雄ザルの「イケメンザル」、公式キャラクターによる初の「キャラクター」の3部門によるトリプル選。園内の投票箱か、ホームページから1日1票投票できる。投票は来年1月22日の午後5時まで。結果は26日午前11時に発表される。

 「人気ザル部門」にはB、C両群から5匹ずつ計10匹が、オスの「イケメンザル部門」も同様に計10匹が“立候補”。いずれも同園スタッフが「自分のイチオシ」のサルを推薦した。また、昨年の「人間部門」(ガイドスタッフ)に変わり、初めて行われるキャラクター部門では、同園に関連する4キャラクターが参戦。新参の「たかもん」(登場2011年)「たかもも」(同13年)、古株の「タッキー」「ミルキー」(ともに同19…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです