メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洋風こたつ列車の運行開始 三陸鉄道南リアス線

アテンダントによる「綾織姫物語」の紙芝居を楽しむ乗客=三陸鉄道南リアス線で2018年12月22日、佐藤慶撮影

 三陸鉄道南リアス線(釜石―盛間36.6キロ)で22日、「洋風こたつ列車」の運行が始まった。

 北リアス線(宮古―久慈)では、こたつ列車が毎シーズン運行されているが、南リアス線にはなく、利用客が減少しがちな冬場に特色ある列車を運行させようと初めて企画した。東日本大震災後、クウェート政府の支援で購入した「レトロ列車」(定員48人)に、こたつ布団と天板を設置して、洋風…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです