メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人の訪問介護禁止 擬態語・味覚の理解力も必要

 外国人労働者の受け入れを拡大する入管法の改正で、介護分野は利用者や同僚との円滑な意思疎通が求められるなどの難しさがあり、他職種とは異なる条件が課される。

 政府が近く決定する運用方針案によると、新設された在留資格「特定技能」で入国した外国人は、利用者宅を訪れる訪問介護サービスは禁じられる。利用者と密室で1対1になりトラブルが起きやすいからだ。施設入所者や、施設に通ってくる利用者への入浴、食事の介助やレクリエーションなどに従事することになる。これは経済連携協定や技能実習など他の在留資格で働く外国人も同じだ。

 介護現場で使う日本語も独特だ。「傾眠」(意識障害の初期で、うとうとした状態)「褥瘡(じょくそう)」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです