メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

競馬界の常識を覆したオジュウチョウサン 「有馬記念」に挑戦

武豊騎手を背に、福島競馬場での平地復帰初戦で快勝したオジュウチョウサン=日本中央競馬会(JRA)提供

 異色の経歴を持つオジュウチョウサン(牡7歳)が23日、中山競馬場(千葉県船橋市)で開催される中央競馬のG1「有馬記念」に出走する。5年前にデビューしたが惨敗続きで障害レースへ転身。そこで連勝記録を打ち立て、「平地」と呼ばれる一般的なレースに異例の復帰を果たし、連勝をさらに伸ばした。挫折を経て競馬界の常識を覆した馬が、とうとう大舞台に立つ。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 「欲しかった枠が当たったので挑戦するだけです」。20日に東京都内のホテルで開催された有馬記念の公開…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1782文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです