メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

競馬界の常識を覆したオジュウチョウサン 「有馬記念」に挑戦

武豊騎手を背に、福島競馬場での平地復帰初戦で快勝したオジュウチョウサン=日本中央競馬会(JRA)提供

 異色の経歴を持つオジュウチョウサン(牡7歳)が23日、中山競馬場(千葉県船橋市)で開催される中央競馬のG1「有馬記念」に出走する。5年前にデビューしたが惨敗続きで障害レースへ転身。そこで連勝記録を打ち立て、「平地」と呼ばれる一般的なレースに異例の復帰を果たし、連勝をさらに伸ばした。挫折を経て競馬界の常識を覆した馬が、とうとう大舞台に立つ。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 「欲しかった枠が当たったので挑戦するだけです」。20日に東京都内のホテルで開催された有馬記念の公開…

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです