全日本フィギュア 100点超え宇野昌磨が首位発進 復帰の高橋大輔は2位 男子SP

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【フィギュアスケート全日本選手権】男子SPで演技を披露する宇野昌磨=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月22日、猪飼健史撮影
【フィギュアスケート全日本選手権】男子SPで演技を披露する宇野昌磨=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月22日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は第2日の22日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)は、3連覇を狙う平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が102.06点で首位に立った。今季現役復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)は88.52点…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文215文字)

あわせて読みたい

ニュース特集