宇野昌磨 「自分を信じ」SP首位、ジャンプの精度高めV3目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【フィギュアスケート全日本選手権】男子SPで演技を披露する宇野昌磨=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月22日、猪飼健史撮影
【フィギュアスケート全日本選手権】男子SPで演技を披露する宇野昌磨=大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで2018年12月22日、猪飼健史撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は第2日の22日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)は平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)が102.06点で3連覇に向けて首位に立った。

 羽生が不在の今大会、ライバルは自分自身だけだった。順位より、ジャンプの精度を求めての演技だった。

 今季、連続ジャンプの一つ目に跳ぶ4回転トーループに苦しんできた。回転しすぎて、二つ目の3回転トーループが2回転になったり、跳べずに単発のジャンプに終わったりするなどグランプリ(GP)シリーズやファイナルの3試合のSPでいずれもミスしてきた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集