メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 レア ★★★★★

     グルメ ★★★★★

     タヌキ ★★★★

     (評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

     生息域せいそくいき 駿河湾するがわん相模さがみわんなどの水深すいしん150~350メートル

     体長たいちょう  60センチメートル程度ていど


     公式こうしき確認かくにんされた捕獲ほかくは1985ねん最初さいしょです。静岡県しずおかけん駿河湾するがわんおきでトロールあみにかかり、ツノザメもくオロシザメ新種しんしゅとして論文ろんぶん発表はっぴょうされました。からだ表面ひょうめんちいさなトゲトゲでおおわれており、名前なまえとお大根だいこんおろしにうってつけです。捕獲ほかくれいすくなく、生態せいたいはあまりかっていません。

     かおにも特徴とくちょうがあります。正面しょうめんからると「ブタばな」で、たれ背中せなかはずんぐりむっくりしてがり、不細工ぶさいくだけどあいらしい「ブサカワ」です。顔立かおだちから当初とうしょは「オロシタヌキ」という名前なまえ候補こうほがったそうです。


    沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん

     深海魚しんかいぎょをメインとする水族館すいぞくかんで、世界せかいでも数少かずすくない冷凍れいとうシーラカンスを展示てんじしています。日本一深にほんいちふか駿河湾するがわん最深さいしん2500メートル)に生息せいそくする深海魚しんかいぎょなどのほか、ダイオウグソクムシの透明骨格標本とうめいこっかくひょうほんられます。

    アクセス

    住所じゅうしょ 静岡県沼津市千本港町しずおかけんぬまづしせんぼんみなとまち83番地ばんち

    最寄もよえき JR東海道線とうかいどうせん沼津駅ぬまづえきからバスでやく15ふん

    休館日きゅうかんび 保守点検ほしゅてんけん臨時休業以外りんじきゅうぎょういがい年中無休ねんじゅうむきゅう

    営業時間えいぎょうじかん 午前ごぜん10午後ごご

         (夏期かき冬期とうき繁忙期はんぼうき変更へんこうする場合ばあいがあります)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
    2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
    3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
    4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
    5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです