メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小沢一郎氏/下 「坂の上の雲」 迫る変動の時代 もう一度「明治維新」を

愛読書について語る小沢一郎自由党共同代表=東京都千代田区の衆院第1議員会館で、山下浩一撮影

ロングバージョン

「坂の上の雲」という題名をとても気に入っている。司馬遼太郎は「竜馬がゆく」も面白いが、これが明治維新を描いた司馬作品の集大成だと思う。

 今年は明治150年。今の価値観であれこれ批判する人もいるけれど、それでは過去のことはみんな無価値ということにならないだろうか。僕はとても大きな革命だったと思う。

 「眠れる獅子」と言われた清国(中国)がヨーロッパと戦って敗れ、領土は侵食され、権益は失った。その危…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1750文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 選管職員の死亡者が250人超に インドネシア大統領選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです