メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

ガンジス川で泳いだ“旅人”たかのてるこさんとのトーク拡大版

著書を手に笑顔のたかのてるこさん(左)と桂南光さん=大阪市中央区で2018年11月24日、小松雄介撮影

 『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)などの紀行エッセーで知られるたかのてるこさんは、あふれるバイタリティーと初対面の人にも愛される人なつっこさを武器に、これまで七大陸・65カ国を旅してきました。25年前、大学生だったたかのさんをテレビで見初めたのをきっかけに、会えば何時間も語り合う友人となった桂南光さんが、たかのさんが旅から得た大切なものについて聞きました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4102文字(全文4294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  4. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです