メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

ガンジス川で泳いだ“旅人”たかのてるこさんとのトーク拡大版

著書を手に笑顔のたかのてるこさん(左)と桂南光さん=大阪市中央区で2018年11月24日、小松雄介撮影

 『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)などの紀行エッセーで知られるたかのてるこさんは、あふれるバイタリティーと初対面の人にも愛される人なつっこさを武器に、これまで七大陸・65カ国を旅してきました。25年前、大学生だったたかのさんをテレビで見初めたのをきっかけに、会えば何時間も語り合う友人となった桂南光さんが、たかのさんが旅から得た大切なものについて聞きました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4102文字(全文4294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです