メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(15)「オヤジは好きにやらせてくれた」 衣装・宮本まさ江さんインタビュー

「止められるか、俺たちを」の一場面。若松プロで助監督を務めた主人公・吉積めぐみ役の門脇麦さん。宮本まさ江さんが用意した衣装をまとい、あの時代を演じ切った=若松プロ提供

 若松プロの好評新作「止められるか、俺たちを」(白石和彌監督)は全国の一部の劇場で越年する。この連載も2019年も継続し、さらに若松孝二監督とその時代に迫っていく。第15回は、「寝盗(ねと)られ宗介」(1992年)以降、多くの若松作品で衣装を担当してきた宮本まさ江さんのインタビューをお届けする。映画全体のイメージを創り出す極めて重要な仕事であり、映画の演出とも深く関わってきた宮本さんは、若松監督が信頼して仕事を任せるスタッフの一人で、言いたいことをストレートに言い合える仲間でもあった。2人をつないだのは自由な発想であり、映画が描く人間や社会への熱い思いである。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4406文字(全文4694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです