メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若松孝二とその時代

(15)「オヤジは好きにやらせてくれた」 衣装・宮本まさ江さんインタビュー

「止められるか、俺たちを」の一場面。若松プロで助監督を務めた主人公・吉積めぐみ役の門脇麦さん。宮本まさ江さんが用意した衣装をまとい、あの時代を演じ切った=若松プロ提供

 若松プロの好評新作「止められるか、俺たちを」(白石和彌監督)は全国の一部の劇場で越年する。この連載も2019年も継続し、さらに若松孝二監督とその時代に迫っていく。第15回は、「寝盗(ねと)られ宗介」(1992年)以降、多くの若松作品で衣装を担当してきた宮本まさ江さんのインタビューをお届けする。映画全体のイメージを創り出す極めて重要な仕事であり、映画の演出とも深く関わってきた宮本さんは、若松監督が信頼して仕事を任せるスタッフの一人で、言いたいことをストレートに言い合える仲間でもあった。2人をつないだのは自由な発想であり、映画が描く人間や社会への熱い思いである。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4406文字(全文4694文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです