メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野区

単身高齢者の賃貸入居支援 見守りサービス、初回登録料補助 来月から /東京

 中野区は来年1月から、単身高齢者や単身障害者らを対象に、区内の民間賃貸住宅への入居を支援する。見守りサービスを行う事業者と協定を結び、入居者が負担する初回登録料(1万6200円)を全額補助する。また、入居中に亡くなった場合、事業者が葬儀や家財の片付けなどにかかった費用を計100万円まで負担する。見守りサービスと死後の費用補償を合わせた民間事業者サービスの利用助成は、全国の自治体で初めてという。

 区によると、単身高齢者や障害者は、家賃滞納や孤独死などの不安から、民間賃貸住宅のオーナーに入居を断…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです