メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■植松伸夫×東京交響楽団 ニューイヤー・スペシャル THE UEMATSU WORKS~ノビヨ、カンレキ!~

     1月5日14時、東京芸術劇場コンサートホール(豊島区・池袋駅)。指揮=竹本泰蔵、演奏=東京交響楽団。人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズの音楽を手がけた作曲家、植松伸夫がスペシャルゲストで登場。曲目は「ファイナルファンタジー7」より「メインテーマ」ほか。S席5000円、A席4000円。未就学児入場不可。044・520・1511(平日10~18時)

     ■新春邦楽「和っしょい」

     1月5日15時、亀戸文化センターカメリアホール(江東区・亀戸駅)。新春恒例の邦楽公演。津軽三味線の第一人者、広原武美と民謡歌手の柿崎竹美のユニット「武美&竹美」や、国内の和太鼓コンテストで優勝を重ねる「和太鼓・暁」らが出演。曲目は「津軽じょんから節」、「秋田音頭」ほか。全席指定前売り3500円、当日券4000円。03・5626・2121

     ■東京ガーデンテラス紀尾井町 ニューイヤー・コンサート

     1月11日19時、東京ガーデンテラス紀尾井町4階紀尾井カンファレンスメインルーム(千代田区・地下鉄永田町駅)。クラシック音楽とバレエで新春を飾るコンサート。ウィーンゆかりの作曲家の楽曲を取り上げる。東京藝大出身の演奏家による特別編成の室内管弦楽団=写真は今年=が演奏。2人のバレエダンサーが、同楽団と協演する。曲目はシュトラウス2世のワルツ「皇帝円舞曲」、「美しく青きドナウ」ほか。鑑賞料2000円(税込み、1ドリンク付き)。ホームページ(http://www.tgt-kioicho.jp/)から事前申し込み。03・3288・5500

    プレゼント

     ■アルゼンチン・タンゴ コンサート~世界のタンゴ~

     1月16日14時、練馬文化センター小ホール(練馬区・練馬駅)。演奏=チコス・デ・パンパ=写真(バンドネオン=北村聡、バイオリン=永野亜希、ピアノ=宮沢由美、コントラバス=佐藤洋嗣)、歌=菅原洋一。4人編成のアルゼンチンタンゴバンドと菅原の協演で、世界の名曲を披露する。曲目は「小雨降る径(みち)」ほか。全席指定5400円。未就学児入場不可▼5組10人を招待。往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒107-0052、東京都港区赤坂9の1の7の703、インターナショナル・カルチャー「アルゼンチン・タンゴ」毎日係。1月4日必着。提供元が抽選、発送。落選者には同公演の優待券を送付する。03・3402・2171

     ■トゥガン・ソヒエフ指揮 NHK交響楽団 2019横浜定期演奏会

     1月19日14時、横浜みなとみらいホール大ホール(横浜市西区・みなとみらい駅)。指揮=トゥガン・ソヒエフ、演奏=NHK交響楽団。ロシア・ボリショイ劇場の音楽監督と首席指揮者を務めるソヒエフが出演。N響との協演で、劇に付随する楽曲を演奏する。曲目はコルサコフの交響組曲「シェエラザード」ほか。全席指定S席8800円、A席7300円、B席5700円、65歳以上、学生と障害者手帳所持者は各席5%引き。045・682・2000(10~17時)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです